ちぃの防災ラボ

もしもに備えて妄想と勝手に研究しているブログ

うんちを拭くトイレットペーパーを節約できる秘策!?防災用品にも是非ワセリンを。

最近、うんち(大便)をする前に、ワセリンをおしり(肛門)に塗るのがマイブーム。(ちなみに、ウォシュレットは使用してないことが前提のお話しです)

そうすると何がよいのか? 良いことばっかりなんです~。

まず、うんちのスベリがよい。つるんと出る。 →  つるんと出るので、おしりの汚れずらい。 →  汚れずらいということは、使用するトイレットペーパーの量が減る。→ うんちのスベリがよいうえに、ワセリンには保湿効果もあるため、痔の防止も期待できる! ね?ね? 素敵でしょ???

ワセリンは赤ちゃんのおむつかぶれ防止に使われるくらいだから、大人のおしりに塗ってはいけないはずはない!それに痔の治療に行った人が、医者にワセリンを勧められていたから、なおさら使用は問題ないはず。

f:id:cheei:20200726114005j:plain

便意をもよおしたら、綿棒の先に白色ワセリンをちょっとだけつけて、肛門の周りにヌリヌリ。たったこれだけで、トイレットペーパーの汚れ具合が全然ちがう!快便!気分よし! 

トイレットペーパーの節約になるし、ごみも減らせるし、衛生的にもよしということで、災害時にも大助かり♪

白色ワセリンは、保湿効果バツグンなので、スキンケア用品として備えておいて間違いなさそう。

アルコール消毒で荒れた手指のハンドケアにもよし、リップクリームとしてもよし、顔にもよし、そして、おしりにもよし!!!

靴ずれにだってよいから、帰宅難民で家路まで何時間も歩かなくてはならないときにも、役に立つかも。軽度のやけどや傷口にだって塗れるらしい。

と、とにかく肌トラブルに万能なこの一品。防災グッズに最適だと思うのです。

自信を持っておススメです。

携帯性と清潔さを保つにはチューブタイプ もおススメ。赤ちゃんにもオッケーなので敏感肌の人も安心なのでは。

 

小さい子どもがいるママさん必見!軽度の傷・やけどはワセリンで処置できる [子ども] | 健栄生活