ちぃの防災ラボ

もしもに備えて妄想と勝手に研究しているブログ

【レビュー】災害時を想定したトイレ訓練。大便をする実験してみました。

凹んでおります。テンションダダ下がりです。

今日は念願の!?いや、先延ばしにし続けてきた「うんちのひとり非常時訓練」を行なったからです。

 さて、便意を感じた私は、うんち訓練の前に行なった「おしっこひとり非常時訓練」の時に使った「あれ」を早速手にとってトイレへ向かいました。 

「携帯ミニトイレ プルプル」

f:id:cheei:20190228122841j:plain

はい。もうこの時点で勘違いしてました。これは「おしっこ用」だったことに、この時点で気づく。これを肛門にあててうんちをするのは、ちょっと厳しい。

しかし時すでに遅し。もうでる!我慢できない!

部屋に戻り、オロオロと防災グッズを詰め込んだスーツケースを引っ掻き回して、取り出したのは、100均で買った黒いポリ袋(防臭効果なし)と、凝固剤。

f:id:cheei:20190307195825j:plain

げげげ!凝固剤、固まってるしぃぃ!!!

f:id:cheei:20190302151941j:plain

ずいぶん前に買ったので、夏の間に湿気にやられたのでしょうか。

さらさらの粉のはずが、固まっておりました。(←固まっていても凝固剤としては機能するようです) 

ちーん。

しかし、もうでる!でる!

100均の黒いポリ袋の方は防臭効果がないのは、わかっているけど、うんちの姿を隠してくれるだけでも、十分ありがたい!

でも、どうする?どうする?どうやってこの二つを使う!??

立ってする?座る?どうするよ~~~

・・・人間、窮地に追い込まれると、知恵が出てくるものなのですね。

私の目に飛び込んだのは!じゃじゃーん。

f:id:cheei:20190302151951j:plain

「折りたたみ式ゴミ袋スタンド」と呼べばよいのでしょうか。

これ!使えそうじゃん~~♪

ここに黒いポリ袋をかぶせて、簡易便器が出来上がり。(←かぶせるだけでは、重みで落下することに、まだ気づいていない)

f:id:cheei:20190302151945j:plain

たまたま袋を二重にしたのが、後に思わぬ功を奏することになろうとは・・・

これをトイレに持ち込み、(下半身は全部脱がなくてはならず)中腰になってまたぎ、いざ!

ボト! 

ザザザ!

ボトの後のザザザは、大便を受け止めた黒いポリ袋が、もともと被せてあった白い買い物袋の中に落下した音です。。。

ナイスキャッチ。

熟したマンゴーのように、実が落下。みごとに買い物袋がキャッチしました。

f:id:cheei:20190302154357j:plain

もちろん大成功ではありません。黒いポリ袋が落下するのは想定外。

凝固剤も上から投げ入れましたが(固まっていたやつ)、うんちの臭いに耐えられず、すぐに袋を閉じたので、もはや凝固剤に意味があったのかどうかも、よくわかりません。そして気を緩めてはいけないのはこの後です。

 

ここから先は、「バナナのようなうんちがスルンと出せ、ペーパーにうんちがほとんどつかない健康な人」には無縁のお話しです。

汚い話しなので、読みすすめたい人だけ、自己責任でお願いいたします。。。

 

詳細を事細かには説明いたしませんが、私はおしりを清潔な状態に戻す作業に手こずってしまったがために、災害時ならば節約しなければならないはずのトイレットペーパーを、いつも以上に消費してしまいました。そして心からあってよかったと思ったもの。それは おしりふき

うちに赤ちゃんはおりませんが、ウォシュレットがついていないかわりに日頃「おしりふき」を使う習慣があり、それがここへきて大活躍です。

それにしても・・・

くさ、くさい、くさーーい!!!くさーーーい。

ポリ袋の口を結んでも、二重にしてみても、激臭はおさまりません~

日常のトイレでは、水没することで臭いが抑えられていたんでしょうか。

言い訳させてください。私、にんにくを食べたとか、日頃おならがすごい臭いとか、そういう自覚はなく、ごくごくノーマルな方だと思ってます(自分では)

しかし自分の臭いに耐えられない。おえっ。おえっ。

しかもビニールにくるまった、この重さと大きさとなま温かさが、イヤだー!!!

汚物を片手に家の中をウロウロ。

(かなりパニックになっています。今思えば、持ち歩く必要なかったのに)

台所にあったジップロックを見つけて物体を閉じ込め、ようやく事態は収束しました。

ふぅ。。。 (なにげにジップロックすごいな

しかし臭いから開放されると、今度は猛烈に手を洗いたくなり、断水を想定した訓練中、水道で手を洗ってしまった。情けない。

しかも、ジャバジャバと惜しげもなく水を流し、石鹸まで使うという。。。

いやいやいや、想像以上の大惨事でした。

トイレまわりの衛星用品なんて災害時は贅沢品だと思って二の次にしていたけれど、ちょっと考え改めます。これからは、いかに大便を快適に行うかに力を入れます。

そして臭い対策 絶対必要!!

自分の臭いでも耐えられないのに、人の臭いに耐えられるのか?無理~~~。たとえ家族だとしても、険悪なムードになりそう~。

そう考えるとトイレの使いまわしもちょっと厳しいです。非常用トイレは何回使用可能とか書いてありますが、大便は一人一回使いきりを検討したほうが良いかと思います。

今回は、あるものだけで用を足したので、こんな悲惨な結果となりましたが、きちんと考えられた防災用簡易トイレを用意すれば、大丈夫なんだと思います。そして訓練を積めばもう少しスマートにできるのかもしれません。

そう信じたいです!また後日リベンジレポートします。

私はこれまで防災用トイレグッズを集めるにあたり、用を足すことばかり考えて、その後始末のことを考えていませんでしたが、ここ、ケチると悲惨です。もう、こんな思いは嫌です!!防臭対策必要だと思います。

災害時はゴミ収集車がいつくるかもわかりません。それまでの間、ずっと家に排泄物をためておかなくてはならないかもしれません。これは大問題。

そもそも子育てや介護でおむつの処理経験がある人にとっては、当たり前のことだったかもしれず、自分の無知さを思い知ることとなりました。

ここはケチるのやめて、「大便が快適にできる非常トイレの実現」をめざして必要なものを買い足そうと思います。

なにせ今回の訓練後、しばらくは、食欲がありませんでしたからね。

こんなパニックの最中にも「ダイエットしたければ、毎日携帯トイレで大便をすればよいのではないか」と思ってしまうくらい、食欲が減退しました。そして健康的なうんちが出せる自分になるよう、生活習慣も考えさせられました。

腸内環境整えましょう!

なんか急に恥ずかしくなってきました。お恥ずかしい話をさらして、すみません。

 

非常時の大便に備えて揃えておこうと思うもの

トイレットペーパー、おしりふき、防臭袋(透けないもの)、アルコール消毒用品。本格的な非常用トイレ(ただし家のトイレが使えればそれが一番!?)

 

www.cheei.site