ちぃの防災ラボ

もしもに備えて妄想と勝手に研究しているブログ

災害時の最強情報源!ラジオではどこの放送を聞けばいいの?を考えてみた

東日本大地震を体験した 岩手県出身の同僚の話しでは、地震が起きた2日後には普通に会社に出勤したという話を聞いたことがあります。あのとき津波で甚大な被害が出た地域のすぐそばなのに会社に行ったの?と驚いたのですが、なぜなら停電でTVも見れず、情報もなく、沿岸部の地域で甚大な津波被害が起きているとは知らなかったらしいのです。被災地のど真ん中では、情報が遮断され、自分が置かれている状況が把握できていないんだということを知る印象深いエピソードでした。

情報収集が大事だということも、ラジオが災害に強いというのも周知の事実です。

でもいざとなったら、どこの放送を聞けばよいのでしょう。どんな放送があるのでしょう。意外とわからないものだと思い調べてみました。

※このページの閲覧がとても多いので、非常時のために、まずNHKの周波数(東京)を先にご案内します。(ここを聞いておけばひとまずまちがいない!?)

NHK第1  AM 東京 594kHz

NHK第2  AM 東京 693kHz

NHK FM 東京 82.5MHz

東京以外の地域の方はこちらのサイトをご参照ください。(っていうか、周波数って地域によって違うのね(汗))

www.nhk.or.jp


AMとFMでは何が違うの?

AM放送

  •  建物内:聞こえにくい
  •  山影:回り込み易い → 聞こえる
  •  送信アンテナの設置場所 :川辺など広い敷地

FM放送

  •  建物内:聞こえやすい
  •  山影:回り込みにくい → 聞こえない
  •  送信アンテナの設置場所:山頂や鉄塔
出典:総務省 PDFファイルが開きます http://www.soumu.go.jp/main_content/000517856.pdf

災害時は災害用の放送に切り替わるところが多いようですが、AMとFMどちらがよいかは、自分がいる場所によって変わってくるようです。どちらも聞けるように備えておきたいと思います。

ワイドFMってなに?

ワイドFM(FM 補完放送)とは、AM 放送局の放送エリアにおいて、難聴対策や災害対策のために、新たにFM 放送用として使用可能とした周波数(90.0~94.9MHz)を加えたFM 放送用の周波数(76.1~94.9MHz)によりAM 放送の放送番組を放送するものです。

出典:総務省|放送政策の推進|ワイドFM

AMラジオの番組がFM放送で聴けるということらしいです。しかもお年寄りでも聞こえやすいクリアな音だそうです。FMラジオは高台にアンテナがあるから災害に強いのですね。

ここで注意なのが、ワイドFMを聞くには、周波数(90.0MHz~94.9MHz)に対応したラジオが必要です。ちなみに従来のFM放送用の周波数(76.1~89.9MHz)なので、自分のラジオの周波数は要チェックです。ワイドFMを聴きたかったら、90.1MHz以上の周波数対応のラジオを買わなくっちゃです!

www.1242.com

臨時災害放送局ってなに?

大規模災害発生時に、地方公共団体が臨時に開局し災害関連情報をFM放送の電波で発信する無線局で、臨時災害FM局とも呼ばれています。東日本大震災や熊本地震の際には、多くの放送局が開設され、災害時に有用な情報発信手段として注目されています。

出典:臨時災害放送局(臨時災害FM局):練馬区公式ホームページ

と、上に挙げたのは練馬区の例ですが、自治体が臨時開設するラジオ放送もあるのですね。確かにTVは甚大な被害がある地域の映像ばかりが流れ、その周辺に住む人にとって必要なライフライン情報はTVでは得られないように思うので、こういった放送をキャッチするのが必要になると思われます。

コミュニティ放送ってなに?

地域に密着した情報を提供します。

出典:JCBA 日本コミュニティ放送協会

通常は、地域情報を流している地元密着型のラジオ放送で、観光や出張時に役立ちそう。災害時は、このコミュニティFM放送局が臨時災害放送局となる場合があるようです。

www.jcba.jp

おすすめラジオ 私はこれ!

さて、ラジオ放送の種類がわかったところで、防災グッズの必須アイテムのラジオを選んでゆきたいと思います。

手回しラジオは便利ですよね。試しに使ってみたことがありますが、少し回すと数分間は聞けるので非常時に役立ちそうで満足しています。

しかし避難所生活の場では「回す音がうるさい」という意見があったり、やはり「回すのが面倒」という点もあり、これはこれであって損はないアイテムだと思うのですが、手回し以外のラジオもやっぱり持っておきたくなったので、ここでは手回し以外のラジオを選んでいます。

 

私が抑えておきたいと思った機能は

・AMもFMもどちらも聞ける

・ワイドFMも聞ける

・乾電池にも対応できる ← TV番組で災害に詳しい専門家がすすめてました。

 
できることなら携帯しておきたい。家で被災するとは限らないですし、スマホにラジオアプリを入れておくのも一手ですが、スマホはスマホでバッテリー消耗を節約しておきたい。ということで「パナソニック FM/AM 2バンドラジオ」