ちぃの防災ラボ

もしもに備えて妄想と勝手に研究しているブログ

【レビュー】コスパよし!家族とトイレを共有したくない人にもおすすめの災害用トイレを実践してみた。

東京都の防災セミナーに参加したときに「大規模災害時に避難所に入れるのはそもそも全体の23%」だと宣告された。がーん。避難所が全然足りないってことは、TV番組で見て知っていたけど、改めてはっきり数字を示されると、ショック。きっとお年寄りや小さいお子さんがいるファミリーが優先になるだろうから、まず私は避難所に入れないだろう。であれば、自衛しなくては!自宅避難ができるようにしておかなくては!!と、強く思った。(自宅が住める状態であることを祈る)しかし防災グッズって、まともに買うと結構お高い。もう少し安くならないものか!?なにか日常のプチプラグッズで代用できないものか?

まずは断水時のトイレ問題を真っ先に解決しておきたいので、なるべくコストを抑えた方法で非常用トイレを考えてみた。

f:id:cheei:20191108231601j:plain

・ダイソーの中身の見えない黒いポリ袋(1枚1.5円程度)

・高分子吸収剤(排泄物凝固剤)(1回40円程度)

・驚異的な防臭袋BOSのSサイズ(20cm×30cm)(1枚10円程度)

・トイレットペーパー

・除菌ウェットティッシュ ←今回は容器としても使用

理想は、トイレの便器に大きな袋をかぶせたいところだけど、1回の用足しのために大きな袋を使用するのは、もったいない。例えばこんなかんじ。

f:id:cheei:20191108233431j:plain

(上の図のように)これだと使用後のゴミ処理の際もいちいちかさばりそう。そもそも(下の写真のように)携帯用ミニトイレはこの小ささなのだから、女性でも、おしっこだけならば、容器(=便器)は小さくてもできてしまうのではないか?

f:id:cheei:20191108233733j:plain

部屋の中で適当な容器を探していたところ、100均の除菌ウェットティッシュの空の容器が使えそうだったので、今回はこれを使って実験してみた。

f:id:cheei:20191108234335j:plain

場所はトイレのフタの上。容器を置く。そこへ黒いポリ袋をかぶせて、凝固剤をポイ。下半身の衣服を脱ぎ捨て、またいでスタンバイするも、ちょっと姿勢が苦しいので、目の前のタンクに体重をあずけてラクな位置を探す。はみでるのが怖いので、なるべく隙間なくピッタリと局部にあてがう。(←やや前傾姿勢になるのがポイント)なんか、緊張でなかなか出てこなかったけど、最終的に、とてもうまくできた!!一滴も垂らすことなく、おさまった~~!!!女子でもこれで、できるんだぁぁ!!

f:id:cheei:20191108235146j:plain

(後日談:更に簡単にステップアップ。ただ床の上に仁王立ちになって、器を陰部に当てるだけで、トイレができるようになりました。)

黒いポリ袋1枚だけでは心配だったので、防臭袋BOSで二重にくるんで、おしまい♪ ちなみに使用後すぐは、まだ尿が液状なので、3分ほど放置し、固まったのを確認してから容器から取り出した。凝固剤は東日本大震災の後に買ったものなので、かれこれ8年ほど経っていたためか、湿気を吸って固まっていたけど、問題なく使用可。ただ現在は販売サイトが見当たらなかったので、代替品を探しておかなくては。これ、個包装で安価でよかったんだけどな~。

それとゴミ処理方法も工夫が必要。凝固剤で固まった尿は、ゼリー状の柔らかさなので、他のゴミと一緒に入れるのはちょっと不安。鋭利なものと混ぜたりすると、破けて中身が漏れ出てきやしないかと、冷や冷やする。2Lペットボトルの空き箱などを仮ゴミ箱にして、溜めておいてもよいかも。

f:id:cheei:20191109111037j:plain

やってみないと、わからないことって結構でてくるものだ。今回は1回60円以内におさまったし、とてもコンパクトな道具で実現できたことに、大満足の実験結果でした♪

さらに、たまってきたら最終的には、破れにくい最強ゴミ袋に入れてゴミに出せばだいぶ安心!これ、割り箸が中に入っていても突き出ることがないらしいです。

 

私は非常用トイレは使用1回で交換したい派。仮に家族でトイレを共有するとしても、もし思春期の女子だったら、家族の排泄物を見るのも嫌だし、自分の排泄物を見られるのも嫌でしょう。私だったら、自分用に災害トイレ備蓄しちゃうな。