ちぃの防災ラボ

もしもに備えて妄想と勝手に研究しているブログ

お薬手帳は紙と電子(アプリ)どちらがよいか?どっちも使うことにした理由。

お薬と付き合わなければいけない生活が始まりました。他人事だと思っていましたが、とうとう。。。といったかんじです。

そうなると、災害時の持ち出し品にも「お薬手帳」を追加しておかなくては。

過去の災害時には、お薬手帳がとても役に立ったということで、改めて身につけることの大切さが呼びかけられています。

www.min-iren.gr.jp

ところで、最近では電子お薬手帳も見かけるようになりました。果たして、紙と電子(アプリ)とどちらがよいのでしょうか。

ちょうど新しいお薬手帳が必要になったタイミングで、アプリを使い始めてみたのです。うっかり手帳を忘れてしまうことはあっても、スマホを忘れてしまうことは滅多にないので便利です。しかも最近は、お薬手帳を提示すると薬代が安くなったりもするので、携帯できることは大きなメリットです。これならば荷物もかさばりませんし。

災害目線でも電子化はメリットを謳っています。アプリの場合は、電子データがサーバーに保存されているので、スマホを紛失したとしても、また新しいスマホを手に入れれば、復活できるということです。データを失うことがないのはメリットですね。しかし使い始めて気づいてしまいました。私の使っているアプリの場合、通信が使えなければ、お薬手帳が表示されないのです!試しに機内モードにしてみたら、案の定、何も表示できません。。。ちーん。

しかし調べてみると、災害時に対応し、通信がなくても表示できるアプリもあったので、早速そちらも新たにダウンロードしてみました。今のところ2種類のアプリで様子見の状態。ただアプリによって機能はさまざまで、魅力もそれぞれ違い、これが一番!これでオッケー!というアプリがなかなかありません。いろいろ比較サイトで勉強してみましたが、今はまだこれからに期待というかんじなのかなぁという印象です。

そして紙をやめてアプリに切り替えることに躊躇した決定的なものは、薬剤師さん、医師の実際の意見。

www.m3.com

2019年のコラムなので、今後は便利になって浸透してゆく可能性もありますが、これらの意見の中で私が一番気になってしまったのは

「スマホに入っている場合、ロックがかかっていると確認することができない」という意見。これは思いつきませんでした。いくらデータがあるといっても、自分でしか開示することができないデータでは、リスクがありますよね。例えば、自分の代わりに家族や他の誰かが薬を手配しなくてはならなくなった時とか。自分に意識がない緊急時とか。

そうなると、やっぱり紙がいいの?

でもアプリも捨てがたいのですよ。例えば「飲み忘れ防止アラーム機能」とか。

まだ目薬しか常用していない私ですが、これがなかなか習慣にできなくて、うっかりすると、すぐに忘れてしまうので困っています。そんな時に役に立つのが、電子お薬手帳(アプリ)に付属されたアラーム機能。薬の時間を設定しておけば、ちゃんと教えてくれるので助かるのですよね~。

それと、調剤薬局が1か所に決まって入れば、アプリで得られる満足度は高いです。(むしろ、それが狙いだったり?というかんじです)

ということで、今はまだお薬生活が始まったばかりなので、紙かアプリかどちらがよいかは絞れず、どちらも並行して使ってみようということになりました。ちょっと面倒ですけど。。。

 

なので、早速、調剤薬局さんに「両方使いたい」とお伝えして、新しいお薬手帳をいただいてきました。

f:id:cheei:20210126183750j:plain

やっぱりアナログは、妙に安心感があります。

知ってました?お薬手帳って、手作り(自作)でも、市販品でも、なんでも良いらしいですね。ネットでも可愛い手帳がいろいろ出てきました。

この際、いろんなこと書き込んで体調管理してみたくなります~。ワクワクしてきました~。やはり紙も捨てがたい! 

 

ところで、最近のコロナ禍では、病院へもなかなか行きづらくなりました。なんと、処方箋がなくても病院で処方してもらっている薬が買えるのご存じでしたか?「零売(れいばい)」という方法があるのだそうです。

数はまだ少ないらしいのですが、病院になかなか行けない人、花粉症の人には、ありがたいかもしれませんね。そして災害時にも、覚えておくと便利かもしれません。

 

「セルフケア薬局」

selfcare-sdc.com

「オオギ薬局」

ogiyakkyoku.com

「きらり薬局」

kirari3.com