ちぃの防災ラボ

もしもに備えて妄想と勝手に研究しているブログ

ブルーインパルスの感動も束の間、せっせと猛暑対策。この夏におすすめアイテムをレビュー!

昨日、航空自衛隊のブルーインパルスが医療従事者に敬意と感謝を示し、東京上空を飛行した。久しぶりに興奮した。大興奮した。テレワーク中だったので、自宅の窓からの鑑賞となったのだが、ブルーインパルスが姿を現すと、聞きなれない飛行音に何事かと慌てて窓を開ける音や、どこからともなく子供の歓声と拍手が静かな住宅街に響き渡った。お互いの姿は見えないのに、みんな窓や道ばたから同じ空を見上げているのだなと思うと、ちょっとグッときた。

ブルーインパルスが飛行をしている間、ずっと胸が高鳴りっぱなしで、撮影する手がずっと震えていた。心臓がバクバクした。ありがとう、ブルーインパルス。ありがとう、医療従事者のみなさま。

f:id:cheei:20200530120820j:plain

さて、感動も束の間、その日の夕方で発表された東京都の感染者数は22名。しばらく一桁が続いて、ホっと胸をなでおろしていた矢先だったので、厳しい数字に一気にトーンダウンした。ここで気を緩めてはいけない。

最近は、この夏の猛暑をどう乗り切ろうかと、ずっとネット検索をしている。徒歩通勤なので涼しくウォーキングができるグッズが欲しい。例年猛暑の時期だけはバスに乗っていたが、今年は新型コロナウイルス対策でバスに乗ることすらためらわれる。なんとかせねばと考えて、目をつけたのは、ハンズフリー扇風機。首からぶらさげられるものが欲しい。でもネットで検索すると、いろいろありすぎて決められない。だいいち、一番肝心な「風量」がネットでは確認できない。なので今日、意を決して買い物に出て現物を確かめてきた。開店まもなくの人が少ない時間帯を狙って行ってみた。店の入り口は1つだけに規制されており、必ず手の消毒をしないと通れないようになっていた。店員が消毒液を手にかけてくれたのだが、「おかわり」と言いたくなるわずかな量だったのは、我慢。そして携帯小型扇風機売り場へ直行。実際に手に取って、片っ端から試してみると、候補にあげていた商品はことごとくダメ。ホント試してみないとわからない世界だと実感した。あれも、これも、みんなダメ。可愛いけど全然涼しくない。小さいけど、めっちゃうるさい。そんな中で、私の調べた候補にはなかったけど、一発で心を射止めたものが、これ。

『iFan Shell L』アイ ファン シェル エル

充電式 ストラップ付 3WAY ファンとある。

なにがよいって、なんといっても風量。いろんな形状のファンが出始めたけど、やはり扇風機はこの形であることに意味があるんだな。と思った。たぶん。

f:id:cheei:20200530123023j:plain

f:id:cheei:20200530123107j:plain

首からかけられる(←今回はこれが欲しかった)。アジャスターがついているので、長さ(顔までの距離)も調整可能。そしてなんといっても、角度が変えられることって、結構大事だと使ってみて実感!そしてもちろん、机の上に置くことも可能。それと、この商品の特徴は、ハンギング機能かな。壁にかけたり、吊るしたり、上から風を送れる。お風呂上りやキャンプシーンでは便利かも。そしてどの使い方でも角度調整が可能っていうのは便利。

f:id:cheei:20200530195013j:plain

3段階あるうち、一番小さい風量ならば音は比較的静か。この音が静かどうかは感じ方に個人差があるだろう。でも、売り場にはもっと騒々しいのもあったので、それと比較するとまちがいなく静音だった。(追記:昼間は静かに感じたけど、夜になると、少し音は大きく感じた。ただ使用目的は野外なのできっと問題なし)家に帰って開封してすぐに使用可能で、帰宅直後で汗ばんだ顔に向けてみると思わず「涼しい~しあわせぇ♪」とハッピーになった。ネット上でたっくさん悩んだけど、やはり現物を比べてみるのが一番だね。

f:id:cheei:20200530124056j:plain

うきうき。わくわく。首からぶらさげて風がくる幸福感をぜひ味わってほしい。

ちなみに電源は、USB充電式。モバイルバッテリーがあれば野外シーンできっと大活躍。ただし、スマホすら持っていないアナログ人間の実家の母親は、コンセントに差せるUSB充電器も一緒にあげないと、きっと使えない。それでも贈ってあげたいな。

実は色が好みではなかったのに、店頭で気に入りすぎたので、我慢できずに即買いした。家で改めてネット検索したら、やはり他にも色があることがわかったので、すぐにお気に入りの色をポチリました。(下記の購入ボタンでは他社製品の類似品もあるのでご注意を。どちらがよいのかはわかりませんが、、、)

iFan ShellL アイファン シェルエル 充電式パワフルモバイルファン | エレス株式会社

卓上ミニ扇風機は昨年買ったのがある。それでも今回わざわざ買い足したのには、理由がある。今年は新型コロナウイルスの影響で、職場が静かになってしまった。去年の夏は全然問題なかったUSBモバイル扇風機の音が、今年はテレワークで人が少ないために、やけにうるさく感じて、使いづらくなってしまった。さらには、風が拡散すると嫌がる人がいると思うと、なおさら使いづらい。しかし、このタイプなら、自分が持っていたものより静かだし、首からかけてアジャスターで調整すれば自分の顔だけに至近距離で風を当てられる。素敵だ。

ただし、「with コロナ」 の新しい生活様式に欠かせないのがマスク。マスクをしていても涼しいのか?というと、実は首は涼しいがマスク周辺は風を感じずらいのは確か。やはりマスク内に熱はこもる。

そこでおススメなのは。フリーズテックの「冷却フェイスカバー」との組み合わせ。

f:id:cheei:20200530161254j:plain

この製品自体は、ただつけているだけでは、あまり涼しさを感じられない。だから、開封して着けてみても「???」となってしまう。ところが汗や水分、風があると、途端にその効果を発揮。外を歩いてみればわかるはず。そして、試しに最初はふつうのマスク、次にこの冷却フェイスカバーに付け替えて、首からぶらさげる扇風機の風を試してみれば、違いは歴然。フェイスカバーは、スースー風を通して、気持ちが良い。汗をかいていなければ、水をちょちょっと上からつけると、あら不思議~ヒンヤリよ~。持続冷感テクノロジー、おそるべし。100均の携帯スプレー容器に水を入れて、顔にミストをふりかけてもよさそう。

f:id:cheei:20200530195112j:plain

もちろん、息も苦しくない。呼吸がすこぶるラクチン♪これが外出時には最高ってわけ。紫外線カットもしてくれるので女性にとっては日焼け対策にもよい。オススメ。ただファッション性はない。しかも強盗犯みたいに怪しい人になっちゃうので、店内に入るときや職場に着いたときは、いちおう普通のマスクにつけかえている。それでも外を歩くとき専用としては最高よ~。息苦しくない、日焼け防止、涼しい、いちおうエチケット対策している。誰にどう思われようが、自己満足度は高し。

しかしこれ、ちょっとデメリットが1点。でかい。女性にはきっとブカブカ。耳にかける穴が開いていれば、もっとよかったのに。とか、アジャスターほしい!って思うかもしれない。でもその問題は100均の帽子用クリップで解決できた。

じゃじゃーん。(なにげにミニ扇風機もすでに2台目)

f:id:cheei:20200613153343j:plain

本来の使い道は、帽子が風で飛ばされないようにするクリップ。それを応用してみたら、これがバッチリ。アジャスターを首の後ろにまわして、長さ調節もできちゃう。これでマスクがずり落ちるストレスからは、おさらばじゃ~♪

 

FREEZE TECH フリーズテック 汗と風で驚異の冷感が持続 | Liberta!

 

そしてそして、さらに涼しくなるアイテムもドラッグストアで発見。

『アイスノン 首もとひんやり氷結ベルト』

f:id:cheei:20200613153913j:plain

氷結ゲルが2個も入っているので、かなりしっかり冷やされるし、時間も長持ち。ただし、首に巻くと、結構ごつい。まるでコルセットを巻いているかのような厚みがある。これだけを巻いて外を歩くのは、ちょっとばかし抵抗があるのだが、しかーし!フェイスマスクと一緒に使えば、首もとをうまく隠してくれるのだぁぁぁ。ありがたい~!!!フェイスマスクが大きいというデメリットが、これにより見事にメリットに変わってしまった。結果オーライ。そして、めっちゃ快適!首元が涼しいって素晴らしい。

 

これをつけてたら、逆に扇風機がいまのところいらなくなってしまった。でも扇風機は職場に到着して氷結ベルトをはずしたときに、大活躍。歩みをやめて、じっとしているときの方が、どっと汗が出てくるもので、そんなときに、扇風機の風を当てると、これまた幸せ。もうこれなしでは生きていけないってくらい、愛してしまった扇風機。食事をするときも、ベットでゴロゴロするときも、お風呂あがりも、自分専用、マイ扇風機として大活躍してくれている。

まだ暑さは始まったばかりだけど、いまのところは快適な徒歩通勤ライフになっている。

もうこの夏は、なりふりなんて構ってられない。熱中症対策もしなくちゃいけないし、新型コロナとも共存しないといけないし。なにより命が大事です。