ちぃの防災ラボ

もしもに備えて妄想と勝手に研究しているブログ

もしもに備えてモバイルバッテリーを買ってみた感想

 

家族が北海道胆振東部地震を経験したことをキッカケに、モバイルバッテリー「Anker PowerCore Fusion 5000」を購入しました。防災グッズとしては是非とも揃えておきたいアイテムですよね。

f:id:cheei:20190119211527j:plain

これで1回分はフル充電可能。

持ち歩き用にコンパクトさを重視しました。

実際に買って持ち歩いてみて正直な感想は、モバイルバッテリーって意外とズッシリきます。

それでも軽いものを選んだつもりなので、重さは要チェック項目ですね。

しかし多少の重さが許せるメリットがこれにはあるのです。

お気に入りポイントは1台で2役だということ!

モバイルバッテリーでもあり、USB急速充電器にもなるんです。なので外で使うことがなくても日常の充電器としても使用できます。

モバイルバッテリーって、充電したまま放置しておくと少しつず放電していて、最悪肝心なときに充電できてなくて使えないことも考えられますが、その点これは、日ごろ充電器として使用していれば、常に充電も行っていることになるので、肝心なときに使えない!というリスクが低いと思っています。

そしてもう1つの特徴はコンセントに差せること。

しかもコンセントプラグが折りたたみ式でちゃんと引っ込むところがうれしい。

通常のモバイルバッテリーはUSB接続で充電するのが一般的なんだそうで、これはUSB接続充電も可能(ケーブルが必要)なおかつコンセントも可能。

災害や緊急時に充電できる状況がどうであれ、USBでもコンセントでも、どちらにも対応できるというのは、心強いオールマイティな神アイテム!なのであります。

 

他にもこんな使い方も・・・

f:id:cheei:20190120133659j:plain

USB扇風機を充電することもできるので、災害時やアウトドアでの応用編として活用できそうです。

どうでしょうか。オススメですよ。