ちぃの防災ラボ

もしもに備えて妄想と勝手に研究しているブログ

『ナースときどき女子』さんで記事が紹介されました!そしてこれまでをしんみり振り返る。

『ナースときどき女子』さんに、モバイルバッテリーについて書いた記事をご紹介いただきました。

私以外にも何人かのブロガーさんの記事も紹介されています。

防災記事はちょいちょいチェックしているつもりですが、どの記事も知らなかったブログばかりで内容もとても参考になり、よい刺激を受けました。その中で「ちぃの防災ラボ」の記事を取り上げていただいたことを、とても光栄に思います。ありがとうございます。

=====================================
【タイトル】いつ起こるかわからない災害に備えよう!看護師さんに提案したい防災対策
【URL】https://kango-oshigoto.jp/media/article/3130/
=====================================

 

kango-oshigoto.jp

 

このブログを開設してから2年目に突入しました。

始めてから今まで、災害(防災)とアフィリエイトと結びつけることに、抵抗と罪悪感を感じたことはゼロではありません。このことに不快感を感じる方もきっといるのだろうという後ろめたい気持ちがどこかにあります。

しかし、一般人の稚拙な趣味程度のブログなので、このブログで得られる収入は、サイトの維持費を考えたらマイナスです。まさに趣味の領域です。

 

しかし、2019年の台風15号か19号のときだったでしょうか。ビックリするほどのアクセスがありました。普段は微々たるアクセス数の日々だったのに、突然です。ものすごいアクセス数。それは時間を問わず深夜も続き、何人もの人が同時にアクセスしているのを目の当たりにして、まさに非常事態がいま起きているのだということを実感し、震えを覚えました。その時、大勢の人が求めて訪れた記事は、ラジオ周波数の情報でした。

今、この瞬間、大勢の人たちが困っている、恐れている、パニックになっている。それがアクセス状況からうかがい知ることができ、世の中のひっ迫した状況に胸が痛むのと同時に、このブログが人の役に立つ時がきていると初めて感じた瞬間でもありました。(といっても、ご購入には全く結びついていません、ご安心ください(笑))

そんなことがあったのですが、果たして実際にお役に立てたのかどうかは、わかりません。人の目を気にしやすいビビりな私は、コメント欄も設けていませんし、積極的なコミュニケーションもとらず、ただ一方的に発信しているだけなので、反応が全くわからないのです。

それでも時々、私のブログ経由で物品を購入してくださる方がいて、何を購入してくださったのかを拝見したとき(個人情報はいっさい分かりませんのでご安心を)、その内容が、おむつ用品だったり、子供のおもちゃだったりすると、防災用品を探している間に、他の物を見つけて、つい買ってしまったのかな。と、ママさんの家族に対するあたたかい愛情を感じることができました。非常用トイレやごみ袋を買ってくださる方のその数量からは、自分だけじゃなく、ご家族を守ろうとする家族愛を感じることができます。そんなときは、おもいがけず、ちょっと胸が熱くなってしまいます。これはこのブログを始めるときには想像していなかった、嬉しい副産物でした。その購入してくださった防災グッズで、ご家族が救われてくれたらいいなと思わずにはいられません。そしてもちろん、使う日が来なければいいのにと願うばかりです。

 

防災用品には、買ったきり「買ったけど、使っていません。使わない日がくることを祈ります」という口コミがとても目立ちます。同感です。使う日なんて来てほしくないし、少し高めなのを頑張って買ったのに、そう簡単には使いたくありません。でもそんな口コミを読む度に「えーーー!使ってみてよ、それをレビューで教えてぇ~」と、いつも思うのです。使ってみないと気づかない盲点って意外とあったりするものですし、私はそれをあえて何も起きていない日常で使ってみたいと思いますし、そこで得た情報を発信していけたらいいなと思っています。できれば高価な防災用品でなく、もっとハードルの低い、日常にあるものでの代用や、現実的に使える情報を集められたらよいなと思っています。買ったままホコリをかぶってしまう防災用品をたっぷり蓄えるほど、お財布に余裕もないので、無駄がでないアイデアがないものかと、思いをめぐらしています。こう書いている間にも、経験したこともないことを書いて、本当に災害を経験した人からはどう思われているのだろうと、少々気になってしまったりする小心者です。

 

そんなある日、ブログ経由で1通のメールが届きました。

『ナースときどき女子』のコンテンツ企画をしているご担当の方からで、私の記事をとりあげたいという依頼がきたのです。 私にとって、初めての「見知らぬ人からの反応」ということになります。しかも、プロの方からです。ごくごく平凡な一般人の私にとって「こんなことって、ホントにあるんだ~」という驚きの日がとうとうきました。ありがたいことです。励みになります。

 

嬉しいのと同時に、勝手なプレッシャーも感じてしまうネガティブさを隠し切れない私です。

口調や記事レイアウトも一定でなく、キャラ設定もブレブレなブログです。なるべく精神的に負担にならないように、更新を義務感に感じないように、と自分に言い聞かせ、これからもマイペースに勝手に発信させていただく所存です。

 

これからもどうぞよろしくお願いいたします。