ちぃの防災ラボ

もしもに備えて妄想と勝手に研究しているブログ

火災警報器の電池切れと格闘した記録。~音を止めるまでの道のり~

それは突然やってきた。

仕事を終え、帰宅した直後のこと。まだ玄関で靴を脱いでいる時だった。

「ピピ!」

ん??? 今、何か鳴った?

日常生活の中では思い当たる節のない耳慣れない音。

嫌な予感。何かを訴えかけている音だ。

「ピピ!」

時間をおいて、また鳴った。部屋を見回す。

「ピピ!」

犯人は、こいつだ!

f:id:cheei:20200205215355j:plain

きたきたきた。ついにきた。くることは知っていた。(しかし放置していた)

電池切れだ!!!

いやいやいや、今ですか。ついに時限爆弾が、今、発動ですか。

帰宅早々、コートも脱がぬまま、辺りをウロウロ。(←意味なし)

「ピピ!」

あーーーー!うるさい~~~! この音は無視できないぞ。このままでは今晩眠れないぞ。困った。困った。こまったー!どうするんだっけ~~~

(前に、ネットで調べたことはあった←けど、放置していた)

 

ん?何か書いてある! 椅子にのぼって、本体に近づいてみる。

f:id:cheei:20200205215530j:plain

っち。なんだよ、文字がかすれて、読めやしない。劣化しすぎだ。(よく見ると、ボタンの横に「音を止める」と書いてあることに気づいていない)

 

ところで、こいつ、なんなんだ? 火災報知器?警報器?でいいんだよね?

うちに警報器らしきものは、2つある。

たしか、こっちは、ガス警報器。

f:id:cheei:20200205215640j:plain

過去に、換気扇をつけずに土鍋でご飯を炊いたときに、空気の汚れ?で鳴らしてしまったことがある。危うく一酸化炭素中毒になるところでした。2度も助けられました。その節は、ありがとう。ありがたや。

さて、これがガス警報器だから、消去法からして、今鳴っているのは、火災警報器の方でよいはず。

しかし、何の警報器なのか、わからないってどうよ。自分。しかし理由はちゃんとある。

我が家はかなり古い賃貸住宅。引っ越してきた時から、ふつうに取り付けてあったので、あまり気にしたことがない。特に説明も受けていない。取扱説明書も住人が入れ替わるうちに、紛失しているのだろう。(ガス警報器は、ガスを開通した時か、定期点検の時に業者から説明があった気がする)

こういう時は、ググるに限る。

早速ネット検索で「火災報知器」「電池切れ」のワードを入れてみると、あっという間に見つかった。

www.hochiki.co.jp

困った人、きっと多いんだろうな。

動画での説明はわかりやすくて嬉しいけど、落とし穴も。。。

報知器本体の裏の商品名を調べないと、複数あるうちのどの動画を見ればよいのか、わからない!

せめて本体の表に商品名書いてほしいよーん。初動が、わかんないのだよーん(涙)

f:id:cheei:20200205220311j:plain

 

仕方ないので、形をみて、似たような形の動画を視聴。

一刻も早くこの耳障りな音を消したいぞーーー!

f:id:cheei:20200205220420j:plain

ぽち。っと、動画の通りに、ココを押した。

お?消えた? 

よしよし

「・・・」

「ピピ!」

だめやーん!(ToT)/~~~

気を取り直して、もう一度トライ。心もち長めに押してみた。

「・・・」

「・・・」

「・・・」

おお!今度こそ、音は消せたみたいだ。しかし油断はできない。なぜなら、これだけだと12時間後にまた鳴るというのだ!

オーマイガー。ならば、正式にやっつけるか。

動画によると、完全に音を止めるには、こいつの中にある電池を抜かないといけないらしい。

まず、壁から外す。

f:id:cheei:20200205220826j:plain

思ったように外せなかったので、ちょっと回してみたら、パカッと外れた。

しかし!!!!

f:id:cheei:20200205220853j:plain

オマイガー!!聞いてないよーーー!こんなの動画にないよー!想定外が発生。

想定していたのは、壁から外すだけのはずだった。

なのに、壁と本体をつなぐ、さらなるコードがあるじゃないかぁ ( ゚Д゚)

ちっきしょー。これ、古すぎなんじゃね?

電気の仕組みがよくわかっていないので、無駄に感電に怯えながら、コードを引っこ抜く。 

と、ここでやっと、商品名と製造年月を確認。たしか火災報知器の寿命は10年ということは知っていた。

f:id:cheei:20200205221621j:plain

2006年かーーい!14年前かーい!4年オーバー!古すぎやーん!

ドライバーを使ってネジを外し、フタを開けて、中の電池を発見。

またコードとくっついてやがる! これ、どうやって外すんだっけ?

f:id:cheei:20200205221810j:plain

と、もう一度メーカーのホームページの説明動画を見直している最中に

「ピー!ピー!ピー!ピー!」

さっきの電池切れの音より、さらに間隔が短く、連続した、けたたましい音が。

あーーーーー、うっせーーーよ!!!!

12時間後じゃねーのかよーぉ!! 今度は何の音だよぉ!

(イライラで人格が荒ぶれてます。スミマセン)

動揺もあり、思わずコードを引きちぎったら、スポっと取れた。結果的に正しく外れたらしい。事前に動画をチラ見しておいたおかげかもしれない。

ふぅ、、、ひとまず、これでやっと不快な音とは決別できた。

 

さて、裏には、使用開始日も手書きで記入してあった

「19年3月」 ??? ??? ??? 

西暦?和暦? イラッとくる。2019年のわけはないので、平成19年?

今は令和2年。平成って何年までだったっけ?あーーーイライラするぅ。とにかく10年は超えてるってことね。ってことは、もう本体を取り換えるかんじね?ってことは、大家さんに連絡ね?

ああ、面倒くさい。会社休まなくちゃなのかな。この部屋に業者が入ってくるのかな。あーーやだやだ、いろいろ嫌だ。

それにしても、この警報器、生きてるのか、死んでるのか、さっぱりわからなかったけど、こうして電池切れのお知らせがあったということは、生きてたのね。

おりこうさん。ご苦労さん。

電池切れの警告音が鳴ったのが、真夜中や早朝じゃなくて、よかった。

そして、早いこと新しいものを取り付けてもらわなきゃ。

つづく。

www.torikaeru.info

 

www.kaho.or.jp