ちぃの防災ラボ

もしもに備えて妄想と勝手に研究しているブログ

スーパーから帰ったらやっている感染対策。その他もろもろ妄想してみた。

東京の感染者数が連日3桁となっている。大きく増えないが、減りもしない。東京上空はお昼近くになるとヘリが飛び、街の様子を空撮している。

銀座や渋谷はお店が開いてないから、人は全然いないけど、住宅街はちっとも減らないよ。むしろ普段より増えてるんじゃないの?ってくらい、人がいっぱい道を歩いている。自粛ゆるゆるだよ、ゆるゆる。ジョギングをする人も多くなったし、特に禁止されていないとはいえ、すれ違う瞬間はやっぱり怖い。ジョギングしている人が吐いてる息は、きっと浴びている気がしちゃうんだもの。すれ違うだけなら、感染しないっていう専門家もいるけどぉ。なんたって未知のウイルスなんだから、後で訂正されても困るよ。

…………

(後から追記:ここから先、スーパーへ行く編だけど、更に気を引き締めて、スーパーすらも行かず宅配利用へ切り替える)

さて、そんな私もやっぱりスーパーに行かねばならない。激安店は混雑しているから、とにかく空いている場所を選んでいる。だから以前よりちょい高めで購入せざるを得ない。っち。

最近レジ袋が有料化され、エコバックが定着してきたけど、そのエコバックをお気に入りの可愛いナイロン製から布製に変えてみた。ペラッペラの布製エコバック。

f:id:cheei:20200416181249j:plain

買い物から帰ったら、速攻洗えるよ。よくない?それ、よくない?買い物するたびに、ジャブジャブ洗って、清潔を保てるよ。ペラッペラだから、すぐ乾くし、なんならアイロンかければ、ウイルスなんてイチコロだし。安物だからなんのためらいもない。

それはさておき、スーパーから帰ってやっていること。

・玄関でアルコール消毒

・買ったものを全部テーブルの上に並べる

・手を洗う。うがいをする。エプロン、ゴム手袋をつける。

・次亜塩素酸ナトリウム消毒液の準備

・買ったものの表面を消毒液で拭き、保管場所へ(冷蔵庫とか)

・引き続き、次亜塩素酸ナトリウムでそこらじゅうを拭き掃除

 (ドアノブ、スイッチ、鍵、スマホ、お財布お金、リモコン、テーブル、蛇口、取っ手等々)

・お風呂に入る

・着ていたもの、タオル類を洗濯

潔癖症でもないし、キレイ好きでもない。むしろ不潔なくらいだったと思う。そんな自分がここまでやるって。。。ああ、、こんな日がくるとは、思ってもいなかったよ。現実が現実じゃないみたいな毎日。

f:id:cheei:20200416184005j:plain

次亜塩素酸ナトリウムとは、キッチンハイター(塩素系漂白剤)とかのこと。500mlのペットボトルに水道水を入れてボウルへ注ぐ。その中にペットボトルのキャップ1杯分(←ハイターのキャップじゃないよ)のキッチンハイターを混ぜる。手が荒れるので100均でゴム手袋も買った。

ただ、漂白剤なので注意事項がたくさんある。例えば、うっかり木製を拭いちゃうと、白くなっちゃう。お気に入りのアンティークチェアが白くなってた。やっちまった。ま、これもこの家具に刻まれた歴史の一部。ってことで。

f:id:cheei:20200417085504j:plain

消毒した後に、水拭きをしないといけないのに、怠ってしまったから仕方ない。。。

www.kao.com

www.kao.com


(追記)経済産業省が界面活性剤や次亜塩素酸水の有効性の検証に入った。早く結果が知りたい。


ちなみに、スマホも漂白剤で拭くのはNGだそうだ。

でもナイスアイデアを思いついたよ!スマホをラップで巻いちゃえばよいのでは?それなら消毒する必要もなく、ラップを取り換えればいつでも清潔!

やってみたけど、動作も問題なし!ラップ最強!災害のお供に、ラップ様様!

f:id:cheei:20200125165633j:plain

--------

消毒用アルコールや除菌シートを使えばラクなのは分かっているけど、アルコールは、なるべく使わないでとっておきたい。

なぜ消毒用アルコールをとっておきたいのかというと

「自然災害が起きたときのため」

消毒液なんて使わなくったって、石鹸で手を洗えば十分だよって言われてるけど、それって、不自由なく水が使えているからできることだよね。水が出なくなったら?って考えたら、怖すぎる。でもかなりあり得る話だと思うんだ。災害は地震だけじゃない。この数年の気象は毎年のように異常気象と言われるほど荒々しく、大雨になっただけで、停電や断水が起きちゃうかもしれないんだよ。先日もどこかで春の嵐になっていたけど、避難所設置されてたよね。お水でなかったら、どうする?手洗い、うがいどうするよ?想像したくない。どうしたらよいか、一生懸命あーだこーだ考えてみたんだけど、数日間考えて、ある考えに辿り着いたよ。

あ、そっか。

「誰にも会わない」ことだ。外に出ないことだ。接触しなきゃいいんだ。連日連日TVでそうしろって言ってるじゃんね。極論は、結局これしかないのではないだろうか。

だからさ、ゆるゆる外出している場合じゃないよね。本気で自主隔離をやらなきゃいけないんだ。本気で。本気で

----

最近、ふと、キアヌ・リーブス主演映画「地球が静止する日」を思い出しちゃうんだ。映画の中では、地球にとって、人間は害虫。地球を食い荒らす害虫。そんな愚かな人間から地球から守るために駆除が始まってる気がするよ。地球規模の断捨離が始まっているような気がするよ。現実として、このコロナウイルス騒動で人間が活動をやめたら、空気がきれいになってるらしいじゃん。ずっと長いこと見られなかったヒマラヤの絶景が見れちゃってるらしいじゃん。地球に捨てられたくないよ。消されたくないよ。駆除されないように、地球にいさせてもらえるように、本気で人間が変わらなきゃいけない時が来ている気がするよ。