ちぃの防災ラボ

もしもに備えて妄想と勝手に研究しているブログ

真夜中の地震でも安心!?かもしれない照明器具に替えました

「なんか最近 部屋 暗くない?」

そんな疑問から始まった LEDの寿命問題

 

ひょっとして LED照明が暗くなってる?

気になり始めて調べたLED照明の寿命は

「約10年」だそうです

出典:LED照明器具に関するQ&A | JLMA 一般社団法人日本照明工業会

 追記:10年以上使い続けた経年劣化による火災が多発しているらしい。まだ使えてるからと、使い続けるのは危険。絶対変えた方がいい!


え~!!LEDって すっごい寿命長かったんじゃないの?だって 出た当初は すっごい高価なお金出して買ったのよ!交換なんて ずっとずっと先の話だと思っていたよ。10年って 長いの? 短いの?

 

今じゃ すっかり安価になったけど、当時はLED電球1個が数千円もしたっけなぁ・・・めっちゃ高かった記憶がある。

 

たしか、きっかけは東日本大震災で、日本中が節電を意識していた頃だった。

それでも、頑張って家中の照明を、ちょっとずつLEDに切り替えたあの頃。

 

10年か・・・あれから10年たつのか

 

今日も、TVをつければ「東日本大震災からちょうど10年が経ちました」と、何度となく、あの日の映像が流れた。今日は、いっぱい泣いた。

 

10年かぁ・・・半永久かと思っていたLED

ついに寿命がきた と気づいたときには10年かぁ・・・

10年かぁ・・・

 

さて。新しいシーリングライトの話に戻ります。

 

今まで使っていた照明の、とある機能が気に入っていたので、同じようなものを探していたら、まだ同じシリーズの照明は健在だった。

しかも、さらにパワーアップしているタイプがみつかって、超うれしい。

快適あかりシーリング(スタンダードモデル)」 

 

どの機能がお気に入りだったかというと

「ホタルック機能」

消灯した後も真っ暗にならず、約2~3分の間淡いブルーグリーンの光でお部屋を照らすホタルック機能。

ホタルック機能|照明ワンポイントアドバイス|製品情報|ホタルクス

電気を消してベットにたどり着くまで、薄明りがついているので、足元がちゃんと見えることが、とっても便利だった。ただ世の中は進歩していて、今じゃ、リモコンがついているので、電気のスイッチまで歩く必要はなくなっていた。

それでも、絶対またこれにする! っていう決め手になったのは

停電時に役に立つ機能があること

就寝中などの照明消灯時に停電が起きても、停電を感知し、充電した電気を使ってホタルックLEDが点灯します。

ホタルック機能|照明ワンポイントアドバイス|製品情報|ホタルクス

突然の停電でもホタルック点灯回路が停電を感知しホタルックLEDが点灯するため、足下に危険がないかを確認しながら行動することができます。

これよ~これこれ! 停電になると自動的に点灯してくれる機能を探していたのよ~。

だって、枕元に懐中電灯は置いてあるものの、大地震になったら、吹っ飛んじゃうかもしれないじゃない。だから明かりはいろんな手段で伏線を張っておきたかった。

 

ちなみに、枕元に置いている懐中電灯 兼 LEDランタンは こちら。

「パナソニック LEDランタン 球ランタン」  

 

電球みたいに、ぶら下げることもできるし、電気スタンドのようにも使用できるし、持って懐中電灯にもできる防災アイテム。きっと車中泊やキャンプにもGOOD!

 

さてさて、目星をつけた、新しいシーリングライトが届いて、まず、最初に点けてみた時の明るさにビックリしたのなんのって。この照明が明るいの? それとも、これまでが暗すぎたの?今まで、なんて暗い世界で生活していたんだ~~~ もったいない~まるで別世界。部屋がキレイに見える。運気が上がりそう!もっと早く替えればよかったぁって思った。(ちなみに、旧商品の説明書を読んだら、なんとLEDではなかった。。。記憶違い。でも寿命は、新商品のLEDと同じで、内部の劣化があるため8~10年でした)

 

それと、ホタルック機能の他にも「常夜灯」と「手元灯」もあって、これも便利。

ちなみに「常夜灯」はこんなかんじ。 

f:id:cheei:20210311195141j:plain

真っ暗じゃ眠れない人にも是非。夜中にちょっとトイレへ という時にもよさそうな灯り。

 

しかも、リモコンは、「常夜灯」と「手元灯」のボタンだけ、暗闇の中でも蛍光色に光ることに気づいた。心にくいわ この気配り♪

f:id:cheei:20210311194902j:plain

 

さて、ホタルックの実力を試してみたくて、わざとブレーカーを落としてみることに。うきうき。わくわく。日が暮れてから電気を消し、就寝状態を想定して実験スタート。暗闇の中を移動する間、「手元灯」の明かりを懐中電灯代わりにしても、無事、ブレーカーにたどり着くことができた!便利!

f:id:cheei:20210311194945j:plain

 

そして ブレーカー を OFF!!  

じゃじゃーん

f:id:cheei:20210311195009j:plain

え?暗いって??? 期待は禁物ですよ。ほんっとに わずかな灯りなので。 でも暗闇の中では、この程度でも意外と見えるもの。しかも電力なしで、これだけ見えるだけでも、ありがたいことです。  

この機能があれば、真夜中に地震が起きて停電になっても、何にも見えない~!ってことには、ならないことを期待したい。何がどこにあるかでもわかれば、この間に懐中電灯を探したり、次の行動に移せるので、とても心強い。

 

それから、ブレーカーを落として停電状態にしてみて、もう1つ、ちゃんと仕事をしてくれている子が他にもいました!

「停電センサーLEDサーチライト」停電を感知して自動点灯するサーチライト

f:id:cheei:20210312121725j:plain

いつもは、君がいてくれること、忘れていてごめんね。ちゃんと自動で明かりを灯してくれて、ありがとう。

 

これも東日本大震災の直後に買った防災アイテム。つまり10年目。

10年!? こいつの寿命は、大丈夫なのか!!? ひょっとして???たしかに、、、光の強さが弱いかも。かなり、弱いかも。。。でも買ったときは、どんな明るさだったか、もはや記憶すらない。

f:id:cheei:20210312122001j:plain

裏をみると、しっかり2011年製と表記されてる。

「ニカド電池」と書いてある。。。なんか、嫌な予感。説明書をひっぱり出してみたら、予感 的中。ニカド電池の寿命が約3年だった!

ちーん。 とっくに寿命を過ぎていたのね。でも、ちゃんと点くよ。弱弱しいけど。

 

10年も経つと、いろんなものが寿命を迎えているのね。これも買い換えるかぁ。

 

 

 

 

 

さて、実験が終わって、ホタルックが機能するか、試したところで、ブレーカーを元にもどして、、、と、、、

 

「正常です!!!」

 

うわわわぁ びっくりした (゚д゚)!(゚д゚)!

 

突然、結構 大きめのボリュームで、機械的な女性の声が響いた。

こいつだね。ガス報知器だね。

f:id:cheei:20210311195216j:plain

電源が戻ったので動作チェックを開始した音声らしい。

びっくりしたなーーもう。でも、この子も、ちゃんと仕事してくれてることが確認できたので、これで安心♪

(逆に言えば、停電してると、ガス漏れも一酸化炭素も感知されないのか‼️)

 

そうだ。思い出した、停電になると(ブレーカー落ちると)ガス給湯器の電源が切れちゃうんだった。ほら、真っ暗。 

f:id:cheei:20210311195202j:plain

この電源を入れなおさないと、シャワーがいつまでたっても 冷たいままなんだよね。

確か、震災の時も、うっかりやってしまった気がする。

 

そういえば、別件で思い出したことが。

知り合いの中には、東日本大震災でガスが自動停止された後、自分でガスを復旧しないといけないことを知らずに、大震災の夜、冷たいシャワーで我慢したって人がいたっけ。

 

うちは、大家さんがガス復旧で見回りにきてくれたから、そんな思いはしなくて済んだけど、大家さんがこなかったら、復旧しなくちゃいけないことも、復旧の仕方も、知らなかったかも。ん?復旧の仕方!!? 大家さんがやってくれたから、知らないじゃん!こちらで、予習復習。お勉強しましょ。

home.tokyo-gas.co.jp

 

 

panasonic.jp