ちぃの防災ラボ

もしもに備えて妄想と勝手に研究しているブログ

肌身はなさずホイッスル!私はここよ!タイタニックのローズに学ぶ防災グッズのホイッスル論

防災グッズは、買っても買ってもまだまだ足りないものがありすぎる!どうしたらいいんだ~!あれもこれも欲しいけど、そんなにいっぺんに買えないし。・・・と悩んで、とりあえず出した答えは

まず命を優先して考えよう。災害発生直後からの72時間を生き残るために必要なものから揃えていこう。 

そこで今日は防災用品の必需品。ホイッスルに焦点をあててみます。

f:id:cheei:20190121223641j:plain

ホイッスルがなぜ必要なのか?それは救助してもらうため。「私はここよ!」と知らせるため。そして生き残るため。映画「タイタニック」のワンシーンのように。ああ、思い出すだけで泣けてくる。漆黒の海の上を一人漂うローズが、救助に来たボートに向かって笛を鳴らして居場所を知らせるあのシーン。うう、胸が熱くなります。何度見てもうるっとくる名シーン。あの映画大好き。

話を戻します。タイタニックのような経験は滅多になさそうだけど、大地震がおきて、家の下敷きになるかもしれないことは(あってほしくないけど)あり得る話し。どこかに閉じ込められる可能性だってあります。

シンプルに大声出せばいいじゃん!って思いますが、災害現場は、救急車やパトカーやヘリコプターの音がうるさくて、人の声はかきけされる可能性があるといいます。そんなときのために、持っておきたい、ホイッスル!

ただホイッスルは身につけてないと意味がないなと思うので、私の場合は家の鍵につけて持ち歩いています。ちなみに、会社にいるときは、IDカード(身分証)につけようかなーと検討してたら、それ用のホイッスルがあるのを知って、欲しくなってしまった。

他にも腕時計にホイッスル、首から下げるタイプ、ブレスレットタイプ、あるわ、あるわ、いろーんな商品。探すの楽しい。でも本当にふだんそれを身に付けるかとなると、ちょっと疑問。いやそこを身に付けないといけないんだけどさ。

 

ホイッスルの音を出してくれるスマホのアプリなんてのもあるので、入れておいて損はないと思ってる(スマホに頼りすぎは危険だけど)。防犯ブザー音のアプリとかね。本当に役にたつかどうかより、役に立ちそうなものは、なんでも取り入れて、備えておきたい。

ただ非常時の警報系の音には少々気になる点が。

たまに外で他人の車の盗難防止ブザーが鳴ってることありません?でも、鳴ってるな~って思うだけで、わざわざ見に行きます?たまにビルの非常ベルが鳴ったりしません?でも、鳴ってるな~誤作動かな~って思うだけだったりしません?人って機器の音には無関心というか慣れすぎているというか、危機感が感じにくいように思うんです。ましてや災害時なんて、あちこちでベルやサイレンが壊れていろんな音が鳴りっぱなしになるんじゃないだろうか。そうなるとやはり、生きてる人間が出している、ただごとではない音じゃないと通りかかる人は反応してくれないんじゃなかろうか。と思ってしまう。そうよ、だから結局のところ、タイタニックでローズが出していた音なのよ!

あの鬼気迫るけたたましい魂の叫びのような笛の音。機械が出す規則的なリズムではなくて、人が出す規則性のない音こそが有効なのではないだろうか?

映画タイタニックのあの名シーンには、生存率を上げるためのヒントが隠されていたのだ!!! と、世紀の大発見をしたかのように興奮する私を、今さら何言ってるの的な冷めた目で見ないでね。

いろいろ脱線しましたが、ホイッスルが大事だってことは再認識したので、持ち歩く習慣は続けたいと思います。