ちぃの防災ラボ

もしもに備えて妄想と勝手に研究しているブログ

カセットコンロとカセットガスボンベの互換性に振り回された話し

防災用品のあってよかったもの、揃えるべきもの の中に、必ずといってよいほどエントリーされる「カセットコンロ」。過去の災害のブログやSNSを見ても、数多くの人が「必要だ」と訴えている。なのに、そうと分かっていても、私はなかなか買う決心がつかなかった。なぜなら、ガスボンベを持っていたくなかったから。ガスボンベが家にあること自体が、危険物を所有しているようで怖かった。しょっちゅう家で鍋パーティをするわけでもないし、キャンプが趣味でもない。

きっと買ったとしても、使わずにしまいこんでしまうだけに違いない。

それに、実は家の片隅に10年くらい前の古くなったカセットガスボンベを発見したのだが、もう錆び錆びでとても使用できる状態ではなく、かといって自分でガス抜きして処分するのも怖くて、ずっと放置したままなのだ。しかし、たまにふと、それを思い出し、処分方法を検索するも、結局あきらめてそのことが長年の苦痛になっている。

ここでちょこっと豆知識。カセットガスの使用期限は7年が目安です。

(→この処分方法が、やっと解決できたので、それはまたの機会に)

しかし最近ついにカセットコンロをゲットした。きっかけは、すっごくかっこよいコンロが発売されたから。ずっと購入をしぶってきた私を即決に導いたカセットコンロは発売日の数時間後には完売した。うふふ。完全に自己満足の世界。

しかしそれには1つ問題があった。

購入前から分かってはいたのだけど、そのカセットコンロで使用できるガスは、同じメーカーの専用カセットガスでなければならないこと。

しかしそのカセットガスは容易にどこでも購入できるものではない。

近所でよく見かけるのは「イワタニ」のガスか安物のガスが圧倒的に多い。きっと災害に備えて、あわてて購入しなくてはいけない場面では、イワタニ製を買うことになりそう。だったらイワタニのカセットコンロを買えばよいものの、ミーハーな私は、気分が上がるものを持ちたい!という自己満足の欲求を満たす方を選択した。

果たして「カセットボンベとコンロは同じメーカーでなければいけないのか?」

 これについて調べると、1995年の阪神大震災での教訓をきっかけに、1998年にボンベの規格はどのメーカーも統一されているはずなのだ。互換性はあるはずなのだ。

しかし!しかしよ!

企画統一されているはずなのに、なぜかどこを見ても同じメーカー同士の使用を推奨する。

推奨どころか、そうでなきゃだめ!と言わんばかりの書き方をしている。

それが、すごーーーく、モヤっとする。

そりゃ、なにかあった場合の保証問題を考えれば、メーカーの言い分は理解できないわけではないけど、お願い、お願いよ、誰か「大丈夫だよ」と言って!!

調べても、調べても、ハッキリしないのはなぜ。実は大丈夫なんだよ!という記述もあるにはあるけど、最後に必ず「自己責任だけどね」という台詞がつく。

えーんえーん。心配症なのよ~私。(←だったら最初からイワタニにすればいいのにね)

だから聞いてみた。直接、両者に!!メールしてみた。それがこちら。

◆某メーカーの回答

ご質問頂きました、カセットガスの仕様につきましては、日本国内で流通しているガスカートリッジは、JIS規格によって容器は互換性があるものが各社販売されております。しかしながら、中に充てんされているガスやガス缶表面の表記は、各メーカーによって異なりますので、安全に製品をご使用いただくために、ご使用いただけるガス缶は品番:【○○-○○○】とご案内させて頂いている次第でございます。あくまで、ガス缶は品番:【○○-○○○】の製品をご使用下さいというお願いになりますが、他社様のガスカートリッジをご使用されて発生した、製品の不具合や故障につきましては、弊社アフターサービスでご対応できない場合がございますので、予めご了承くださいませ。

 

・・・やはり、モヤモヤがとれない。余計モヤモヤしたかも。でも「互換性がある」とは言ってくれている。

 

◆岩谷産業の回答

お問い合わせをいただきました、弊社製カセットコンロに他社製のボンベは使えないのか、というご質問について、以下のとおり回答申し上げます。カセットコンロをはじめとしたカセットボンベ用の器具は、「指定された専用の器具・容器(ガス)」 の組み合わせでお使いいただくことになっております。(液化石油ガス器具等の技術上の基準等に関する省令)「指定された専用の容器」以外をご使用になった場合には、ボンベが装着できない、使用途中で火力が落ちる、最初から点火しない、ガスが漏れるといったことが、稀に起こることがございます。またカセットボンベ用の器具は製造時に、公的機関の検査を受けておりますが、すべてのメーカーが、その器具に「指定された専用の容器(ボンベ)」で検査を受けていますので、それ以外の場合の安全性は確保されておりません。そのため、必ず「指定された専用の器具・容器」の組み合わせでご使用いただくようにお願いしています。 他社のボンベにも必ず「○○専用」と記載されています。ボンベの中身のガスは各社ブタンガスで共通ですので使用の際に上記のような不具合が無ければお使い頂くことは可能です。最終的にはお客様のご判断によるものですが、安全面を鑑み器具とボンベは同一ブランドをお使いいただくことをおすすめ致します。

 

・・・もうこれは、らちがあかない。聞くだけヤボだったのか。でもまだ「不具合が無ければ可能」という一文が、まだ救われる。スッキリはしないけど・・・

少なくとも、両者「爆発の危険があるから絶対やめて」とは言い切っていないような。

 

そんな出来事があり、今回の台風がやってきた。観測史上最大級の台風に備え、カセットガスを買い足した。案の定というか、ドンキホーテで見つけた岩谷産業の方を3本。一応メーカー専用のカセットガスを購入してはあるものの、安くはないので、1本しか買っていない。これで合計4本。

コンロとガスボンベのメーカーは違えど、いちおうどちらも「安心の日本のメーカー」だから、きっと大丈夫。たぶん大丈夫。たぶん・・・

だって共通して使えなきゃ、わざわざ規格を統一した意味ないもん。こういう災害のときのために、統一したんだからさー!!

せめて、この規格統一の事情を分かっている日本製にしておきたいところ。

でも他社製品同士の安全テストはしてないから、自己責任ね!(←わざと言いました)

 

ちなみに何本あれば足りるのか。何本必要なのか、それはこちらをご参考に。

岩谷産業様、その節はご丁寧な回答をいただきありがとうございました。

私もオフィスで働く社会人ですので、いろいろな事情は分かっているつもりです。

やっぱり安心して使いたいから、カセットコンロ買い換えようかしらぁ。

ひとまずは今回の台風による影響で、カセットコンロを使うことにならないよう祈ります。

 

ちなみに、私が候補にしていたイワタニさんのコンロはこちら。

ケースがついていて収納、持ち運びに便利なこと、どんな場面で使用することになるかわからないので、野外で使用可能なことが魅力です。(避難所室内は火気厳禁らしいし)アウトドア用なので風にも強く、ダッチオーブンもOKだそうです。