ちぃの防災ラボ

もしもに備えて妄想と勝手に研究しているブログ

【レビュー】断水時のうんち実験をまたしてみたけど、おしっことうんちは別々にしよう!という教訓。

出てくるワードも内容も汚い話が続きますのでご注意ください。

今日は人生2回目の災害時の大便訓練をやってみた。今回やってみたかったのは、ペットシーツを使ってみる実験で、あらかじめ用意したのはこちら。

f:id:cheei:20191124133212j:plain

・100均のペットシーツ

・同じく100円の大きめのポリ袋

防臭袋 BOS(ボス) ボックスタイプ おむつ・うんち処理用(200枚入)(←これはケチらない)

モットーは、既製品の防災用品になるべく頼らず、身近に手に入るもの、安いもので実現すること。ちなみに大きめのポリ袋は、ダイソーで60号(高さ68cm×横41cm×マチ19cm)のポリ袋を買ってみたのだが、60号と言われても、大きさもピンとこないし、どの程度の大きさなら便器をくるむことができるのかもよくわからない。いざ様式便器にくるんでみるとこんなかんじ。

f:id:cheei:20191124133825j:plain

(※実際の災害時は、便器にかぶせるポリ袋は2枚重ねにし、最初にかぶせた袋はかぶせっぱなしにした方が水滴がつかず清潔を保てます。)十分な大きさかと思っていたが、実際は、なんとか足りるような、ちょっと寸足らずなようなビミョーなかんじで、袋はもう少し大きいとベストかな。台座のフタを下ろし、そこへペットシーツ(45cm×33cm)を敷いてみると、こんなかんじ。

f:id:cheei:20191124134613j:plain

このペットシーツの上にうんちを着地させる→うんちをペットシーツでくるむ→消臭袋に入れる。というのが当初の計画。

そうすれば、大きなポリ袋は汚さずに、使いまわしできる!という予定だった。そう、理想はね、そのはずだった。ところが、いざ排便をすると、、、おしっこもしてしまった。一瞬耐えてみたけど、我慢できなかった。

そうなると、どうなるか。。。

尿量がペットシーツの吸収スピードに追いつかず、液体があふれ、下のポリ袋にまで滴り落ち、水溜りができてしまった。時間がたてばペットシーツに染み込まれていったけど、残念ながら汚したくなかったポリ袋は濡れてしまったので、1回で捨てるしかない。がっくり。ちゃんとポリ袋の中にすべて納まっているので、なんの問題もないのだけど、私の想定ではペットシーツの上でうんちだけを落として、そのうんちをペットシーツでくるんでポイ!する予定だったので、それが無残にも尿でグチャグチャベチョベチョになってしまったのは、ちょっと悲しい。こんなことなら、尿意を我慢するべきだった。しかもポリ袋を2枚重ねにしていないから、とりはずした袋の外側も濡れているし。。。

そして、今回もまた、ひどい悪臭だ!!!ひどい。くさすぎる!くさいぞー自分!

普段お水でさっさと流してしまうぶんには、ここまで悪臭を感じないけど、断水時にトイレを流すことができないと、こんなにも悪臭と戦わねばならないのだ。訓練だからよいものの、本当の災害時に、換気扇も回せない。蛇口の流水で手が洗えない。となったら、ホント悲惨だ。

しかも、最終的に防臭袋に全部入れた袋の重さが重たいこと!その重さ。580g。

袋やペットシーツ、トイレットペーパーの重さを差し引いたとしても550gくらい!?

f:id:cheei:20191124164627j:plain

あまりに重たいので、同じぐらいの重さのものを探してみたら、550mlのペットボトルのお水ぐらいの重さだった。重くね!? ずっしり、どっさり。 

f:id:cheei:20191124164011j:plain

たしかに、今回はいつも以上の大脱糞だった。大量だったという実感は自分でもある。すごいスッキリして、体が軽くなったかんじがした。軽くなったかんじじゃなくて、ホントに軽くなったってことなんだ。こうやって計ってみると、体の感覚って当たってるんだね。

ちなみに1回のうんちの平均は100~250gぐらいらしく。

おしっこ1回分は150ml~200mlとして→ 200gくらいだとしても。。。

私の550gって、どんだけ~~~!!!!!

たしかに昨日、友達とランチして、その後パンケーキも食べたし、普段より食べすぎの日ではあった。だけど、550gって!!

1回の排泄物の量って、すごく重いんだよ~ということを伝えたいために、今回重さを計ってみたのだけど、平均をはるかに上回った想定外の数値をたたき出してしまった。

その排泄物が詰まったポリ袋。くるむ前は、ほんとに悪臭がひどかったけど、防臭袋BOSの威力は本当にすごい。毎回毎回感動しちゃうけど、見事なほどに臭いが漏れない。

今回のトイレ訓練の結果は、方法としては間違っていなかったはずだけど、「うんちだけ」と思っていたら、「おしっこもしてしまった」のが、失敗の原因。しかしこれも現実。これからは尿とうんちは時間差でできるように練習もしておこうかな。膀胱のコントロールができて、ちょうど尿漏れ防止の訓練にもなりそうだ!(そんな年齢)

しかも!ある防災本を読んで知ったことなのだけど、排泄物のニオイ問題を少しでも解決するには尿と便は別々に溜めるのがよいらしい。なんでも汲み取り式のトイレが臭いのは尿と便が混ざることによって異臭が発生しているのだとか。なるほど。そうか!

ということは、水が使えない非常時は、別々の袋に分けるためにも、やはり、おしっことうんちは同時にしない方がよいことになる。非常時にスマートにトイレをするための訓練は、まだまだ続きそうだ。

 

おすすめの防災用品