ちぃの防災ラボ

もしもに備えて妄想と勝手に研究しているブログ

【レビュー】ついに究極の無駄のない方法にいきついた!災害時のうんちの方法。

断水時、災害時のトイレ問題。なるべくコストを抑え、無駄も出したくないという思いで、考えに考えた究極の私の結論は、これ。ウェットティッシュの容器を便器にするという方法。

f:id:cheei:20191108235146j:plain

 

 

しかし、この時点ではまだ、おしっこが成功しただけだった。

うんち・・・うんち問題をなんとかせねばぁぁぁ

それからというもの、毎日のように妄想を繰り返し、シンプルにうんちをする方法を考え続けた。

そもそも、肛門の大きさなんて、梅ぼし程度の小さなもの。

f:id:cheei:20200107232312j:plain

こんな小さな穴から出す廃棄物のために、この大きさ(便器)は必要なのか?

f:id:cheei:20200107232424j:plain

いやいやいや、無駄がありすぎでしょ。平和な日常ならオッケーだけど、災害時のトイレは、もっとコンパクトに、ならないものか?

いろいろ考えてみた結果、最終的に、やっぱり、、、これ?

f:id:cheei:20200107232846j:plain

 

パッケージフィルムを剥がしたら、更にシンプルでよいかんじにバージョンアップした私の携帯トイレ。(大きさをイメージできるよう、ミカンを置いてみた)

ポリ袋をかぶせて、床に置いて、下半身の着衣を脱ぎ、肛門が容器の中心にくるよう(←このへんかなぁ~とカンでいくしかない)に腰掛ける。

なんとも、いいかんじに座れちゃうんだよね、この容器。

f:id:cheei:20200107233428j:plain

(イラストレーターさん、こんな使い方してすみません)

そして。勇気を出して脱糞。

バフっ!!! (←着地場所が水じゃないと、こんなイメージの音)

すごい。あらやだ!見事に一発オッケー

すっぽり入っちゃったよ。こんな小さな容器なのに、ちゃんと納まってくれましたよ!感激ですぅ~。

f:id:cheei:20200107234901j:plain

しかもフタが閉まることがポイント高し。おしっこの時は、粉末凝固剤が固まるのに少々時間がかかっても、フタをしておけるのでその間の不快感が軽減。このまま持って別の部屋への移動も可能にしてくれる。(トイレで用を足して、別の場所に捨てるとかね)

ああ!素敵な達成感!うんちも、おしっこも、これでオッケー!これだけでいけるわ!

しかし自分の肛門に的確に容器を当てるには、何度かやってみて自信をつけておきたいところ。

もしチャレンジするならば、こんな風にポリ袋だけでなく、トイレットペーパーを敷き詰めてみるとよいです。

f:id:cheei:20200107235749j:plain

うまくすればポリ袋すら汚さずにうんちをキャッチし、そのままひっくり返して便器にリリースできちゃいます。(ホントの断水時は流しちゃダメですが)

長きに渡り研究し続けてきたトイレ問題。ひとまず自分的に満足な結果が出て嬉しい。しかしまだ、いろいろ気になる点、解決したい点、疑問な点は多々あるので、飽くなき妄想と探求は続きます。