ちぃの防災ラボ

もしもに備えて妄想と勝手に研究しているブログ

防災にピッタリ。最高すぎるヘッドライトに出会ってしまった予感

以前、防災用に買った手巻き式のヘッドライトは、すごく灯りが弱くて夜道を歩くことはできないことが分かったので、新たに買い足したいと思っていた。

見つけたのは偶然で、場所はアウトドアショップだった。山に詳しい店員さんに防災目的だと伝えたところ、教えてもらった商品がこれ。

PETZL(ペツル)の超コンパクトエマージェンシーヘッドランプ

petzl ペツル イーライト e02 p4

f:id:cheei:20200314151708j:plain

¥3,600(税込¥3,960)

ぺ・・・ぺ・・・ペツル?

山登りとか、全くしない私には初めて聞く名前だけど、実は1,2位の人気を争う信頼の有名ブランドで、多くのクライマーから支持され、様々な山岳で活躍中!フランスのメーカーなんだそう。つまりはプロ御用達ってところかな。ペツルを知ってから、意識してアウトドアショップのヘッドライト売り場を眺めると、あらあら、なんとペツルだらけでしたわ。へぇ~。

まずなんといっても、軽い。超軽量で26g!そしてケース付きで常に携帯していられる。しかも、ケースに入れたってこのコンパクトさ。

f:id:cheei:20200314151742j:plain

薄いベルトであれば、ベルトに取り付けも可能!

f:id:cheei:20200314151759j:plain

携帯が苦にならないこのかんじ、最高じゃないかぁ~。

なぜ防災にピッタリかって?まだまだこの実力は続くよ~。

なんと電池を入れっぱなしで10年間放置可能!!!

一般的に電池の入れっぱなしは厳禁。長期間使用しない時は、電池は外さないといけない。なのに停電は容赦なしに忘れたころに突然やってくる。そんな時、暗闇もしくはわずかな光の中で電池をセットすることから始めるという苦難を強いられる。しかーし!これは、取り出した瞬間から使用可能なのさ!

明るさは最大 50 ルーメン。私が持っていたものよりかは全然明るい。でもすごく明るいタイプというわけではないらしいく、漆黒の夜の山道は厳しいけど、災害時の帰宅困難者が使用する程度ならば十分足りると。(と、店員さんに確認した)10m先まで照らしてくれるようだ。

さらに防災向きの理由は、ホイッスルがついている!このホイッスルはヘッドバンドの長さ調整ストッパーの役目も担っているという合理的なつくり。

f:id:cheei:20200314151724j:plain

そしてそして、さらに嬉しいのが、防水です! 

防水性能:IP X7(水深 1 m で 30 分間の防水)

豪雨が大丈夫なだけじゃないよ!水没しても大丈夫なんだよ!(←程度があるけど)

昨年の台風19号の時に、避難するかしないかで、やきもきしたことを思い出すよ。避難指示が出たのは真夜中だった。これがあったからといって夜道の避難は危険だけど、あって損はないのではないか?

他には、緊急を知らせるフラッシュ点滅はもちろんのこと、角度調整もできるよ。こんなに小さいのに、ばっちりじゃん。感動しちゃうよ。首にかけるのもオッケーよ。

誤操作防止のロックもできるし、白色だけじゃなくて、赤色LEDもあるのだ。赤色って何に使うの?と思っていたら、夜間に人に迷惑をかけないように照らしたい時に便利らしいよ。点滅にも切り替えられるので、赤だからエマージェンシー感を出して人に気づいてもらうのにはよいのかも。

f:id:cheei:20200314165015j:plain

デメリットなんて、人の考え方次第だけど、あえて挙げるとするならば、電池のタイプが丸いやつ。(←だからこそ、10年放置できるありがたい役目なのだけど)リチウム電池CR2032を2個入れる。(購入時すでに入ってるよ~♪)ただコインを使ってフタを開けるのは、面倒。相当しっかり閉まっている。ちょっとキツイ。(←それもそうだ、だって防水なんだもん。)だけどさ、お守りに持っているだけで普段使用しないのならば、10年に1回の手間よ。全然デメリットじゃないっしょ。

f:id:cheei:20200314153002j:plain