ちぃの防災ラボ

もしもに備えて妄想と勝手に研究しているブログ

はじめてのプチキャンプは失敗の連続だった、トホホな話。

思いつきで週末にアウトドアライフにチャレンジすることになった。

日ごろから防災用品として買い集めた道具たちを試す日がきたぞー!!

f:id:cheei:20211116173926j:plain

↑これらは通販で買ったもの。でも昨今のキャンプブームで類似品が100円ショップでも安価で手に入るようになってしまって(さすがに100円では売ってないけど)、ちょっとくやしい。

f:id:cheei:20211116174026j:plain

↑これらは100均で揃えたものたち。

f:id:cheei:20211116174112j:plain

しかし!せっかくせっせと集めたのに、大きな落とし穴があったんだよね。私の住む東京都心では外で火を使える場所が全然ないのよ~。一軒家やテラス付きの家なら、少しぐらいの火おこしは可能かもしれないけど、庭もベランダもない家では、キャンプ場のような場所へ行くしかないのだった!!

なんてこった。がっかりだよ、もう。

しかも最近って花火をする場所もないの?昔は道路や公園で花火してたよね?

BEAMSで買ったオシャレな線香花火が、いまだにやる場所がないまま、引き出しにしまわれている。しくしく。

コロナのせいで、気軽に遠出はできないし、キャンプ場は激込み&予約困難だっていうし。そんなこんなで、なかなか練習もできないまま、本番を迎えた。そして、それはそれは、もう、、悲惨な結果よ。

 

まずは固形燃料を使って、コーヒーをいれることにした。

せっかく念願のアウトドアで一から火を起こせる環境に来たのに、いざとなると簡単な方法を選んでしまうものだね。だって早く飲みたいんだもん。

そして、直火禁止の場所がほとんどのため、焚き火台やらなんやらが揃っていないと、東京だろうがキャンプ場だろうが、やっぱりできないんだよね…


さて、コーヒー作りに話はもどり  

こいつには、やられたよ。100円のチャッカマンみたいなやつ。

f:id:cheei:20211116181419j:plain

火が小さすぎ。初めて使ったんだよ!未開封だったのよ!なのにどういうことよ!備蓄している間にガスが抜けちゃったの?100円だから文句は言うなって?いやいや、他の100円ライターは立派な炎を出していたよ!!

しかも風が吹いているもんだから、小さい火では固形燃料にちっとも引火できない。

なんかもう、しょっぱなから出鼻をくじかれた思い。

しかし、それを助けてくれたのは「火口(ほくち)」だった。もしゃもしゃの動物の毛みたいなやつ。それを使ったら極小の火でも見事に固形燃料の引火に成功。使うと思ってなかったものが役に立って、ちょっと嬉しい。

やっとこれで、お湯が沸く!コーヒーが飲めるぞー!!

f:id:cheei:20211116174222j:plain

ダサっ。 使い終わったコーヒーのカスは、地面に直置き。。ダサい。

ケチって最小限のものだけ揃えたら、こんなダサダサな、イケてない光景になってしまった。テーブル欲しい。買い足したいものは山ほどあれど、キャンプグッズって高すぎやしないか?諭吉さまが、何枚あっても足りない。

 

このステンレスのカップ(クッカー)は、これ1つでお湯も沸かせる、コップにもなる、お皿にもなる、調理もできる、万能だ~!ブラボー!と思って、とりあえず2個買ってみた。だけど一人分のコーヒーを入れるだけでも2個は使う。たとえ万能だからって1個で十分ってもんじゃないって学んだし、複数揃えるとなれば、コンパクトにするにはスタッキングできるって大事なんだな~とか、知ってたけど軽くみてたことが、身をもって大事さに気づく。

そして、やかん(ケトル)はなくてもいいかなって思っていたけど、あったほうがいいな~等々、やってみてわかることは、いっぱいあった。

そしてコーヒーを作っている間は、同じ道具で他の調理は当然できない。

そこで取り出したガスコンロ。結局、文明の力に頼ってしまうんだな。サバイバルなんて、ほど遠いな。でも買っておいた甲斐があったというものよ。だってこれ、高かったのよ~。一目ぼれしたスノーピークちゃん!気持ちも上がるわ~。らららら~ん♪

しかし、、、ここでまた事件が発生。これを目の前にして、ただ固まる自分。

f:id:cheei:20211116173542j:plain

どこに指を突っ込んでよいのやら、どうすれば開くんだか、ちっともわからん。いや買った直後にちゃんと予行練習したのよ。でも、、こんなに忘れちゃうものなのね(汗)私はバカなのか? しばらく悪戦苦闘。結局、説明書のお世話になりながら、なんとか設置完了。

f:id:cheei:20211116173731j:plain

そして更なる試練にぶつかる。信じられないだろうけど、カセットガスのフタが開けられない。

f:id:cheei:20211116174530j:plain

中身がガスなので、ビビりまくり。ちょっと折るように開けるのがコツなのね。

実はカセットコンロを自分で設置した経験が、長い人生でゼロ。ガスを保有していることに怖さと抵抗があり、ずっとガスコンロを買わずにいたのも一因。

でも、旅館や飲食店のスタッフが、いとも簡単にセットしていたのを散々見てきたから、こんなのやろうと思えばなんとかなるっしょ。と思っていたのが大間違い。

f:id:cheei:20211116174609j:plain

 

どうやら凸と凹をあわせないといけないらしい。

 

f:id:cheei:20211116174629j:plain

まぁ、この流れでいくと、当然着火もおっかなびっくりな訳で。シューっというガスの音が怖くてたまらない。そして点かない。っていうか、火が見えないんだよぉぉ。点いてるんだか点いていないんだかすら、よくわからず、シューっという音に怯えて手を放してしまう。どうやら寒さとか(気温は恐らく2℃)風が邪魔をしていたのかもしれないけど(勉強したことは頭に入っていた)アウトドアって、こんなに勝手が違うのね。知ってはいたけど、こういうことだったのか!と身をもって経験。

f:id:cheei:20211116174654j:plain

ライターの種火でなんとか着火した。あんな非力なライターでもないよりマシだった。ってか、ライターがなかったら、アウトだったな。(後で冷静に説明書を読んだら、そもそも着火のやり方を理解していなかったっぽい。予行練習は入念に!だね)

f:id:cheei:20211116174504j:plain

これが私の初めてのアウトドア体験。なんちゃってミニキャンプ。

全然「映えない」な。

すべて自分のせいだけど、ちっとも優雅じゃなかった。思い描いていた癒しの時間とは、ほど遠かった。

コーヒーは薄かったし、カップラーメンはあっという間に冷めてしまったし。(ちなみにこの時の気温は恐らく1℃~5℃)

気持ちがずっと忙しくて、落ち着けなかったよ。とほほ。これも経験経験。きっと二回目からは、もう少し楽しめるだろう。

それと写真じゃわからないけど、風があるから、ごみが飛ぶ。さっきまで全然風なんかなかったのにぃ。コンビニの袋(ゴミ入れ)も風でビラビラ~。しかも、いちいちゴミって出るよね~。ゴミや洗い物やトイレのこともちゃんとキャンプ番組で取り上げて欲しいな。美しくない場面もちゃんと教えて~。今回、実際にやってみて勉強になることは沢山あった。経験を積むことは大事だね。

 

本当は、コンロや固形燃料を使わずに、火をおこしてみたかったんだけど、その次元まで行きつく余裕もなければ、道具も全然足りない。後始末のことまでちゃんと考えないとダメだしね。足りないもの、必要なものが見えてきた。

でもとりあえず今回は、外でお湯を沸かしてコーヒーを飲んだり、カップラーメンを作ったり、目的は達成できたので、満足満足。(ちょっと強がり)

防災用品のコレクションは、普通の人より多い方だと思っていたけど、いざキャンプをしようと思ったら、ないものばかりだったのは、ちょっとショックだった。

この本を読んで、ちょっとずつ買い足してはいるものの、まだまだ だわ。