ちぃの防災ラボ

もしもに備えて妄想と勝手に研究しているブログ

災害用伝言ダイヤル171と災害用伝言板を試してみたら、すごかった話し。公衆電話編

1日は「災害用伝言ダイヤル171」や携帯会社の「災害用伝言板」の体験日だったので体験してみました。

 ちなみに体験日は以下の通り。

  • 毎月1日,15日 00:00~24:00
  • 正月三が日(1月1日00:00~1月3日24:00)
  • 防災週間(8月30日9:00~9月5日17:00)
  • 防災とボランティア週間(1月15日9:00~1月21日17:00)

NTTさんの災害時の通信に関して下記のホームページで詳しい説明があります。

私は事前に説明を読んで体験日にのぞみましたが、最初に言っておきます。

「百聞は一見にしかず」まず体験してみることをオススメします。

なぜなら、文字で読むとややこしい。そしてやってみたら解かることが出てくるから。私も体験日がくるまで、理解に苦しむ点が多々アリ、体験日がくるまで悶々と過ごしておりましたが、いざ体験してみてスッキリしましたので、まずは体験してみてください。そして、1回メッセージ入れただけで満足しないで、できるだけいろんなパターンを試してください。きっと災害用伝言ダイヤルのすごさが、わかると思います。

それでは体験談を・・・

公衆電話で試してみた編

f:id:cheei:20190202120442j:plain

公衆電話から録音と再生を試してみました。

10円を何枚か握りしめて、しばらく公衆電話を独占。(音声のスピードがゆっくりなので、結構時間かかります。後ろに行列できてたらプレッシャーかも)

一通り試して受話器を置くと、チャリーン! わぉ。お金戻ってきた~~♪

そうでしたそうでした、災害用伝言ダイヤルは無料でした。ちなみに、お金入れないで171を押してみたら普通に使えたので、最初からお金を入れる必要がなかったのでした。

実は公衆電話で試す前に、スマホを使って「web171」でメッセージを登録済みだったのですが、文字登録した伝言を公衆電話で再生すると、音声に変換されて聞けるのです。感激です。

「○○は無事です。怪我もないので心配しないてください(←自分で事前に入れた伝言)」と合成された女性の声が読み上げてくれるのですが、なんだか、、、体験なのにその伝言にホッとしたと同時に、感動しちゃいました。

それから、やはり事前に登録しておいた「auの災害伝言板」のメッセージもちゃんと読み上げられました。そう、携帯電話会社各社とも連携されているのです。実は私はここの点が事前の学習で理解に苦しんだところです。各社が伝言板を設置していて、いったいどれを使えばいいの?相手の持っているスマホ会社によって、使い分けなければいけないの?と悩んでいました。ところがどっこい、なんてことありません。どれでも大丈夫です。でもすいません、auスマホと固定電話と公衆電話でしか試してないので、あまりうかつなこと言えないかも。使える使えないは、一概には言えないので要注意です。だから是非試してみてください。

それにしても私の心配していたのは「両親が携帯電話を持っていない」つまり両親にとっての通信手段は固定電話に限られるので「固定電話vsスマホ」もしくは、「音声vs文字」で伝言をやりとりできるのか?という点でしたが、どれも見事にクリアできたので、ほんとよくできた仕組みだと思います。

心配な点をあげるとするならば、いろんな人が録音できてしまうこと。「録音」の基本的考え方は「被災者が自分の安否を録音する」ことだと認識しているのですが、仕組み上、他人も録音できます。1つの固定電話に対して家族が沢山いることもあるわけですから、家族間で安否確認をするためにも、仕方ありません。ただ問題は、知人友人も録音できてしまうので、録音件数が増えると、再生する側としては、それを全部聞かなければならないということ。知りたい情報まで何件も再生を続け(とばすこともできますが)、とんでもなく時間がかかる可能性があります。仮に親切心で「大丈夫ですか?困ってることがあったら何でも言ってください」なんて応援メッセージも入れられなくはありませんが、場合によっては迷惑になりかねません。そんなメッセージが複数続いたら、肝心の家族の安否確認に支障をきたしてしまいまいそうです。メッセージの件数には制限があり、新しいメッセージから聞けるようになっており、制限を越えると古いメッセージは消えてしまいます。最初に「無事だよ」と入れた伝言がその後の大量の録音のせいで消えてしまう可能性があるのです。そういう点から「録音」は電話番号の持ち主が安否情報を知らせることを第一優先に置き、他者が録音する場合は本当に必要なことかよく考えて録音するのがよいのではないかと思います。

追記:心配な点を追記します。録音可能な件数や保存期間は、災害の状況により変わるそうです。一度安否を録音しても数日後には消えてしまっている可能性もあります。

公衆電話の探し方

公衆電話見つけるのって、実は結構大変。そんなときに便利なサイトがあります。

service.geospace.jp

自治体が配布している災害マップ等で自宅付近の公衆電話の場所を知る方法もありますが、今回私は仕事帰りの通勤途中で公衆電話を使いたかったので、このサイトで調べました。昔はあたりまえに、どこにでもあった公衆電話が、いつしか探さなきゃいけないものになってきているのですね。

ご利用の際の注意点

「災害用伝言ダイヤル」に登録できる電話番号は、被災地の方などの固定電話・携帯電話・IP電話等の電話番号です。被災地内からご利用の場合も固定電話番号は必ず市外局番からダイヤルしてください。
※ 被災地以外の固定電話番号をダイヤルした場合、「被災地以外の電話番号ではご利用できません。被災地の方の電話番号でご利用ください」とのアナウンスが流れる事があります。

出典:災害用伝言ダイヤル(171)操作上の注意事項とお願い | 災害対策 | 企業情報 | NTT東日本

体験の時はすべての人が利用可能で、どこが被災地かの設定もないため、気づきずらいのですが、電話番号は被災地にいる人の電話番号になりますのでご注意ください。

ご利用できる電話
災害用伝言ダイヤルがご利用可能な電話は、加入電話、INSネット※、公衆電話、ひかり電話※及び、災害時にNTTが避難所などに設置する災害時用公衆電話になります。携帯電話・PHSからも利用できますが、詳しくはお客様がご契約されている通信事業者へご確認をお願いします。

※ INSネット及び、ひかり電話でダイヤル式電話をお使いの場合には、ご利用になれません。

出典:災害用伝言ダイヤル(171)概要とご提供のしくみ | 災害対策 | 企業情報 | NTT東日本

他社のスマホとも連携されているのですが、あくまでNTTがおおもとの伝言板ですので、他社との連携が保証されているわけではありません。実際の大規模災害の際は、体験日にはできていたことが、できない可能性があります。そして電話回線も多種多様で、使っている本人ですら、家の固定電話が何の回線を使っているか分かっていないかもしれません。上記に利用できない電話が明記されていますが、私も今、実家の電話ってなんだったけ?とヒヤリとしています。なのでやはり、体験日にいろんな場所からいろんなパターンを想定して試してみることをオススメします。

「災害用伝言ダイヤル(171)」をご利用いただく場合は、まず被災地内の固定電話からのご利用が優先されます。被災地外から及び携帯電話からのご利用は、段階的に可能となりますので、ご注意ください。

出典:災害時の電話利用方法 |一般社団法人 電気通信事業者協会(TCA)

本番では使えない可能性も頭に入れつつ、使えたらラッキーくらいに思っておいたほうが無難かもしれませんね。最悪、大規模災害時は、通信がいっさい途絶えるかもしれないですから。

 

www.cheei.site